2022年6月 FX自動売買の運用停止と再会のタイミング

運用判断アナウンス運用判断

新型コロナの影響はだいぶ落ち着いたように思います。

ただ、ロシアとウクライナの戦争の影響が日増しに大きくなっている感じがします。

為替相場も大きく動きすぎる日があり、運用再開はもう暫く様子見が必要かと思います。

6月の特に注意が必要な指標発表をお知らせします。

  • 6月3日(金曜日)21:30 アメリカ雇用統計
  • 6月9日(木曜日)20:45 ユーロECB政策金利
  • 6月16日(木曜日)3:00 アメリカFRB政策金利(FOMC)

上記指標発表時は、為替相場が大きく動く可能性があります。

運用再開をしている方は、指標発表の前後のどこか良いタイミングで自動売買の運用停止と運用再開をお願いします。

投資運用は自己判断でお願いします!

不安な方は、もう暫くの間 運用停止をお勧めします。

運用停止、再開の判断は、自己責任でお願いします。

今月も為替に大きく影響を与える状況が続く見込みです、多めの資金で保守的な運用を心がけましょう。

くれぐれも、無理のないようにお願いします。